アイス 商品レポ 食レポ

たまごアイス? おっぱいアイス? 食べ方に御用心!

ぷんちょこブログアイキャッチ-おっぱいアイス

どうも、ウシです。

皆さん、おっぱいアイスなるアイスクリームをご存知ですか?

別名たまごアイスというらしいです。

ぷんちゅう

どちらかというと、おっぱいアイスが別名だと思うんでちゅけども

あんまり見かけないけど、スーパーで売られてたから買ってみたぜ

ウシ

そんなわけで、早速レビューしていきます!

たまごアイスの食べ方は?

たまごアイス プリン味

見た目は、まんまゴム風船に入ったアイスクリームですね。

正式名はたまごアイス(プリン味)

たまごアイス、もしくはおっぱいアイス
ぷんちゅう

水風船みたいなビジュアルなんでちゅな! 先っぽが尖ってて、ちょっと乳首みたいになってるんでちゅわ〜

おっぱいアイスのほうがしっくりくる
先端を切ってちゅうちゅうする

この先端をハサミや包丁で切ってちゅーちゅー吸って食べるらしいです。

切るのは尖っている先端であり、留め具が付いている方ではないので注意!

留め具の方は切っちゃダメなので注意

そんじゃ、食べていくぜ〜

ウシ

最初は凍っていて固いので、吸ってもなかなか出てきません。

手で揉んで柔らかくしながら、ちゅうちゅう吸って食べましょう。

食べ方はクーリッシュやパピコに似ていますねえ。

ぷんちゅう

味はミルキーなバニラ味! 初めはなかなか食べにくいんでちゅけど、溶けて柔らかくなってくると吸わなくても勝手に溢れ出てくるんでちゅな〜。確かにこれは……たまごアイスというよりおっぱいアイスのほうがしっくりくるネーミングでございまちゅわ!

ゴムの圧力で、溶けるとどんどん勢いを増して溢れ出てくるぞ。油断すると噴き出してくるから注意!

ウシ

中に入っている気泡に注意して食べよう。

気泡と一緒に、溶けたアイスが勢いよく飛び出してくるのだ。

気泡は初めのうちに、揉んで切り口から外へ出して処理しておくと安心。

たまごアイス、溢れる
おっぱいアイスが噴き出した

これはあくまで風船であることをお忘れなく。

あんまり強く揉んだり絞ったりして破れると、爆発して悲惨なことになりかねないぞ。

食べ終わったおっぱいアイスの残骸。めちゃ萎む
風船なので、食べ終わったらめっちゃ萎む!

カロリーや原材料など!

こちらは井村屋株式会社さんが製造と販売をしている商品になります。

ラクトアイス。

カロリーは95kcal。

ぷんちゅう

カロリーは低めで、なかなか溶けなくて長い時間楽しめるしコスパが良いんでちゅな〜

メーカー希望小売価格は110円でしたが、イオンのスーパーで80円程で購入できました。

原材料一覧

  • 砂糖混合ぶどう糖果糖液糖(国内製造)
  • 乳製品、乳等を主要原料とする食品
  • 植物油脂
  • 水あめ
  • 加糖卵黄(卵を含む)
  • 砂糖
  • 乳化剤
  • 安定剤(増粘多糖類)
  • 香料(卵由来)
  • カロテン色素

どこで買える?

イオンのスーパーで発見して衝動買いしましたが、普段は売られていないです。

数日で品切れになっていましたね。

今回紹介しているアイスとは別物になりますが、シャトレーゼでも販売されているようです。

ぷんちゅう

なかなか見かけないので、結構レアなアイスクリームなんでちゅな〜

どうしても食べてみたいなら、通販があるぞ

ウシ

楽天で買うとポイントもつくのでおすすめです。

ただし冷凍食品でクール便になるので、送料は1000円程度かかるようです。

ぷんちゅう

ウシはケチなので買ってくれないんでちゅな〜。冷凍庫に常備しておきたいんでちゅわ!

またスーパーで見かけたら買うべ

ウシ

-アイス, 商品レポ, 食レポ
-

Copyright© ぷんちょこブログ , 2022 All Rights Reserved.