旅レポ 旅行

宮島の千畳閣を写真で紹介!拝観料金や入場時間は?

ぷんちょこブログサムネイル 千畳閣

どうも、ウシです。

今回は宮島にある千畳閣、またの名を豊国神社の紹介をさせて頂きます。

ぷんちゅう

宮島観光のおすすめスポットの1つなんでちゅな〜

夏に行きましたが、雰囲気も良くて涼しくて良かったです

ウシ

写真でレポート!

宮島の千畳閣へ続く階段
厳島神社の入り口付近に、上り階段があります。
そこそこ長い階段
こちらを登っていくと、千畳閣が。
宮島の千畳閣、入り口付近
料金を支払って中へ
料金を支払って、靴を脱いで中へ。
ぷんちゅう

入り口のところに、履き物を入れるナイロン袋が置かれているので、使わせて頂きまちょう!

宮島の千畳閣、中は広い
宮島の千畳閣、中は広い
中の様子
宮島の千畳閣、中は広い
天井には絵が飾られている
天井には絵が飾られている
巨大しゃもじ
巨大しゃもじ
木造造りの、広々とした空間
木造造りの、広々とした空間
壁がなく吹き抜けなので、めちゃ涼しい
壁がなく吹き抜けなので、めちゃ涼しい
外の廊下
外の廊下
広くて長い廊下
映えるフォトスポット
映えるフォトスポット
おすすめフォトスポット
エモい風景
エモい風景
宮島の千畳閣の五重塔
五重塔
五重塔
帰りは五重塔の横にある階段から
帰りは五重塔の横にある階段から
いい感じの茶屋カフェ
いい感じの茶屋カフェ
茶店と五重塔
ぷんちゅう

日本の和も感じられる、とっても素敵な場所だったんでちゅな〜

外は暑いのに、中は涼しくて良い休憩スポットにもなるのだ

ウシ

千畳閣の歴史と解説

千畳閣(せんじょうかく)という名前の通り、とても広々としております。

1000畳あるのかと思ってしまいますが、実際のところは857畳とのこと。

歴史プチ解説

1587年に、豊臣秀吉戦没者を鎮魂するためのお経を唱える「大経堂」を作るよう安国寺恵瓊(アンコクジエケイ)に命令して建設を始めます。しかし、完成前の1598年に豊臣秀吉は亡くなってしまい建設もストップよって天井は骨組みが丸出しになっており、壁もまだ造られていなかったため、今の形となったとのこと。

初めは仏教施設の寺として造っていたが、現在は神社となっています。

ぷんちゅう

勉強になるんでちゅな〜

歴史のある古い建造物なんだわ

ウシ

入場・拝観料金は?

  • 一般: 100円
  • 高校生: 100円
  • 中・小学生: 50円
ぷんちゅう

かなりお安い料金となっておりまちゅ!

参拝時間は?

9時~16時となっておりますが、季節によっては変動があるようです。

冬は日が暮れるのが早いから、早くなるのかと思われます

ウシ
ぷんちゅう

参考にしてくだちゃーい!

ぷんちょこブログサムネイル 宮島水族館
ぷんちょこブログサムネイル 宮島口あなごめしうえの

-旅レポ, 旅行
-, ,